三間の古民家1

古民家再生動画

特長

築200年以上の古民家の再生。
自宅:水周りを中心とした改修。
居室:新建材で造られた内装を全て撤去。一部小屋組みもやり替え、自然素材を用いた。
床は桧の無垢板、壁は珪藻土塗り、又は杉板張り、天井は勾配をとり杉板張り。
台所:土間床の台所は、床組みをつくり、居室と段差がないバリアフリーとした。
建具は全て引込戸とし、特に居間の建具は1間幅の引込戸としている。
全開にすると自然と一体となった心地よい空間ができる。

■用  途  1戸建ての住宅
■構  造  木造平屋建
■竣  工  2005年9月
■目  的  築200年以上の古民家(母屋北側部分居住区)の再生

感想

居住区である母屋北側部分幅25mのリフォーム。
リフォーム前は、部屋が細かく分断されており、通風も悪く、いつもジメジメしてホコリぽかった。
リフォーム後は、部屋と部屋は引き戸で仕切り、全体に風が入るようになった。
北側部分なのに明るくて、とても気持ちがいい。
珪藻土の塗り壁や障子が、夜になると落ち着く雰囲気を醸し出している。
住み心地はよく大変満足しているが、低予算のため居室部分の断熱を省いたため、冬寒いのが悔やまれる。
母屋表部分はそのままに、北側部分の居住区はオール電化で安全な生活ができているので、古民家での暮らしは快適だと思う。