片流れの杉板鎧(よろい)張りが特徴!山小屋風『住吉の家』

特長



宇和島市内の分譲地に建っている『住吉の家』は、ガルバニウム鋼板の軽快な片流れの
屋根と外壁は杉板の鎧張りが特徴の山小屋風の家です。

来客の多いお施主様のリクエストで、鉄骨の外階段を設け、直接2階の居室に通じる
アプローチとなっています。

お施主様の部屋には、蒔ストーブが設けられ、ロフトのある広々とした空間となっており、
内部の床板・階段は松の無垢板張り、壁は珪藻土塗り、天井は杉板張りとして、自然素材を
用いて、北欧風の雰囲気が漂っています。

蒔ストーブの煙突のシルエットが、素朴であたたかな印象を与えています。

■用   途   1戸建の住宅
■構  造   木造2階建、一部鉄骨造
■延べ面積   123㎡
■竣  工   2001年7月

お施主様の声