三間の茶堂

特長

愛媛県宇和島市指定文化財茶堂1棟改修工事。
宇和島市三間町音地自治会に建立保存されていた市指定文化財『音地茶堂』の復元改修工事。
従前の建物は、江戸中期頃の建立で、萱葺きの屋根。老朽のため、建物の維持管理が困難となったため、
屋根については萱葺きを日本瓦葺きに変更としたが、軸組みは石場建て伝統工法を忠実に復元した。

■用  途     茶堂
■構  造   木造平屋建
■延べ面積   5.41㎡
■竣  工   2010年2月