光満の家

特長

大工であるお施主様のお父様の手によって、伝統工法の渡り腮構法で建てられた木組みの家。
家の中心に八寸角の檜の大黒柱がたち、四方の真中と隅には、五寸角の通し柱を配した構造となっている。
1階は、和室を含めた、居間・食堂・台所と空間が連続する広がり空間となっている。
居間・食堂の先には、全開口サッシにより、ウッドデッキが広がって、庭との一体感を感じることができる。
内部は、温かみのある檜の床材、珪藻土の塗り壁、構造材があらわしとなった木のぬくもりを感じる空間となった。
五寸勾配の切妻屋根を利用して、小屋裏物置をつくり、子供たちの遊びの場やお施主様の書斎として活用している。

■用  途   一戸建ての住宅
■構  造   木造2階建て
■延べ面積   143.35㎡
■竣  工   2013年3月

お施主様の声

與那原さんの設計プランと木の造りに共感でき、設計監理をお願いしました。
実際、住んでみて・・・外観だけでなく、間取りや仕様・採光・通気、また冬暖かいところなど、
とても住み心地がよく大変満足しております。
友人や親戚にも評判がよく、人がよく集まります。『どちらで建てたの?』とよく聞かれます。
とてもいい設計をして頂き、感謝しております。