愛媛県宇和島市を中心とした南予地域の古民家・古い家の耐震設計・耐震リノベ工事

0454406280

0454406280

古民家リノベーションとリフォームの違い

最近になって「リノベーション」という言葉をよく使うようになってきました。古民家リノベーションは、リフォームのことをちょっと格好良く言っているというように思われている方も多いようですが、実際リノベーションとリフォームの意味は全く
違います。
 
 
お持ちの物件をリノベーションするのか?リフォームするのか?設計事務所や建設業者と打ち合わせる際に知っておかないと全く意味が異なってきますので、それぞれの言葉の定義をしっかり把握しておきましょう。
 
 

古民家リフォームとは?

 
 
リフォームとは、老朽化した建物や設備を新しい状態に戻すことを指します。新築のときと同じ状態に戻し、機能や設えを整えて、生活がしやすい状態にします。
 
 
ですので、基本的には、老朽化が進み、そのままの状態では生活することが困難な状態であるところから、外壁などの外装を塗り直したり、水周りの整備など建物に備わっている元の機能を回復させるイメージです。
 
 
機能面でも見た目にもマイナスになってしまった建物を、元の状態に戻す「原状回復」をリフォームと呼びます。
 
 

古民家リノベーションとは?

 
 
古民家リノベーションは、建物の機能や性能を、元の状態よりも良くすることを言います。マイナスからプラスにすることで、建物の価値を向上させるようなイメージです。
 
 
ですので、リフォームよりも大規模になることが一般的で、耐震補強や間取りの見直し、段差解消などもリノベーションでよく行われます。目に見えている部分だけでなく、目に見えない部分にまで改修が及びます。
 
 
ただ綺麗にしたり、機能を回復させるだけでなく、住まいとライフスタイルの見直し、形にするのがリノベーションです。
 
 

古民家再生はリフォーム?リノベーション?

 
 
改修方法にもよりますが、多くの場合、古民家を再生させるのは、リノベーションに該当します。古民家を新築の状態に戻しても(リフォームしても)、現代のライフスタイルには当てはまりません。
 
 
古民家特有のメリットを活かして、ご自身のライフスタイルに合ったリノベーションを行うことで、古民家本来のもっている価値以上のものをつくり上げます。
 
 
また、古民家をリノベーションすることにより、元々の機能を大きく上回り、付加価値が高まります。