愛媛県宇和島市を中心とした南予地域の古民家・古い家の耐震設計・耐震リノベ工事

0454406280

0454406280

古民家のデメリットは?

古民家はメリットばかりではありません。住む前に認識しておいた方がよいデメリットをあげます。
 
 

古民家は夏涼しいが、冬は寒い

 
 
古民家建築の考えは、メリットのところでも書きましたが、吉田兼好が徒然草の中で書いたように「家のつくりやうは、夏をむねとすべし」というように夏の暑さを基準にしています。冬は着込んで暖をとればよいが、夏の暑さはどうにもならないので、夏を快適に過ごす間取りが適用されています。
 
 
もちろん現代で使われているような断熱材は入っていませんし、開口部からの気密性もありませんので、冬はしんしんと寒いというのが古民家の最大のデメリットです。
 
 

古民家が暗いのには理由がある

 
 
大抵の古民家は、暗いです。屋根が庇のように軒が大きく張り出しており、機能的には雨をしのぐことができ、景観的には影ができることで建物が立体に見え風情がある佇まいになります。軒が大きく張り出していることで得られるメリットがある一方、建物の中まで光が入ってこないというデメリットが生じてしまいます。
 
 
また、間取りの関係上、行灯部屋と言われる窓が全くない部屋も出来る場合もあります。日中でも電気をつけないと真っ暗になるので、暗いというイメージがあります。
 
 

古民家はメンテナンスが必要

 
 
一番のデメリットはメンテナンスが常に必要ということでしょうか。いくら頑丈な構造であっても、白アリにやられたりするなど老朽化するところは必ず出てきます。とくに、障子、畳、屋根、壁、雨樋など消耗があるものについては、定期的なメンテナンスが必要になってきます。
 
 
また、古民家のデメリットで言うと、動線が悪いということがよく言われます。現代人のライフスタイルに合わせた動線のよい間取りに改変することもできますよ。
 
 

古民家のデメリットは、リノベーションで解決できる!

 
 
しかし、ここであげたデメリットに関しては、リノベーションすることで解決することができます。現代の生活スタイルにあったリノベーションを行うことで、古民家の魅力を感じながらも、快適な生活を送れる共存が可能になります。
 
 
中古の古民家を購入した場合、古民家自体の価格は安い場合が多いですが、このようなリノベーションにかかる費用も考えて購入する必要があります。リノベーションする場合は、耐震補強も合わせて工事した方がいいので、購入前に必ず一級建築士で、耐震関係に詳しい専門家に診断してもらうことをおすすめします。
 
 
私は、耐震診断・耐震設計・耐震補強工事も手掛ける一般建設業の認可も受けていますので、中間マージンもかかりません。お気軽にご相談下さい。
 
 
では実際に、古民家を手に入れるにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?
古民家購入費は高い?