愛媛県宇和島市を中心とした南予地域の古民家・古い家の耐震設計・耐震リノベ工事

0454406280

0454406280

代表紹介

こんにちは!與那原浩建築設計室 代表 古民家建築の専門家 與那原浩(よなはらひろし)です。

 
 
2000年、妻の郷里である愛媛県宇和島市三間町へIターン移住。築200年超の古民家太宰家で生活を始め、長屋門の男衆(おとこし)部屋をリノベーションして、同年、設計事務所「與那原浩建築設計室」を開業しました。「古民家に学ぶ家づくり」を基本とした住宅設計・古民家・古い家の耐震診断・耐震補強リノベ―ション工事をしています。

 
 
宇和島に移住してから、機会を得て、建築家・吉田桂二先生を講師とした内子町主催の「内子すまい塾」にて1年間、木造住宅の基本設計を学びました。それがきっかけとなり、内子町大瀬地区や八日市護国地域の「町並み修景事業」の設計監理を担当することができ、たくさんの家を町並み修景することができました。

 
 
1961年 沖縄県宮古島生まれ前橋育ち。前橋工業高校建築科卒業後、前橋市立工業短期大学建設工学科(夜間)入学・中退し、前橋市と東京の設計事務所で勤務、たくさんのマンションや大規模施設を設計監理してきました。妻とは東京の設計事務所で知り合い、現在まで二人三脚で歩んできています。

 
 
また、愛媛大学大学院農学研究科 森林環境管理リカレントコース(系列コース)で、森林・林業・木材について本格的に学ぶことができました。現在、『木組みの家』宇和島研究会会長として、『五寸角の家』普及推進、地域材の活用と伝統構法の継承を目指しています。私の造る建築には、自然素材と伝統構法を用いて、日本の優れた古民家デザインを活用していきたいと思います。

 
 
沖縄生まれの私が、築200年超古民家太宰家に住み、内子町・西予市・宇和島市などの町並みや耐震設計工事に携わるようになったのは、運命のように思います。不思議なご縁でこの地に引き寄せられたと思っています。地域の文化的な建造物を遺していく仕事に誇りを持ち、今後も地域活性化のために尽力していきたいと思います。
 
 

【資格】

一級建築士 登録第234020号
専攻建築士 登録第1380400087号
インテリアコーディネーター登録第030376A号
愛媛県木造住宅耐震診断士 登録第692号
愛媛県地震被災建築物応急危険度判定士 登録第366号
建築一式総合建設業 愛媛県知事許可 第18172号

【所属団体】

愛媛県建築士会宇和島支部
内子町文化財保護審議会委員
内子町大瀬成留屋地区街なみ環境整備事業 審議委員
『木組みの家 宇和島』研究会会長

【自己紹介】

家族構成     妻と義母の3人暮らし 長男と次男は県外在住
趣味       読書・映画鑑賞・スポーツ観戦
好きな作家    村上春樹・川本三郎
好きな映画    A・タルコフスキーの「ノスタルジア」、「惑星ソラリス」
尊敬する建築家  吉田桂二、中村好文、ル・コルビジェ
好きな音楽    フォークソング(南こうせつ)、ENYA
好きな食べ物   南予の食べ物(三間米、魚、柑橘類など)